Tweet to @allofmakkey
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

自然言語処理について、・・・2

ノンカテゴリ

自然言語処理について、・・・2
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

自然言語処理とは、対象意識(=「システム全体」=「画像認識」「統合化」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果関係の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」)同士による意思疎通システムだ!!!2

自然言語の文法は、「主体と客体との関係と意味付け」を基礎としたメカニズムに過ぎない!!!

文法(ぶんぽう、grammar)とは、言語の体系、およびそのモデル、およびそれをもとにした、ある個別言語の話し手が従うべき規範である。この記事ではもっぱら自然言語の文法について扱う。形式言語の文法については形式文法の記事を参照のこと。また、統語論(分野等によっては「構文論」とも。syntax)のことを指す場合もある。

出典 http://ja.wikipedia.org

文の成分、または文要素(sentence element)とは、文または節における各語句の、機能的な分類。品詞と共に、文法の説明においてよく用いられる。奥田靖雄・鈴木重幸らは文の部分と呼んでいる。
各成分・要素は、通常「~語」という呼称になるが、複数の語をまとめて指す場合は「~部」と呼ぶことが多い。
言語や論者により、分類法や意味が若干異なる。
一覧[編集]
主語(subject)
述語(predicate)
目的語(object)
同格語(appositive)
補語(complement)
付加語(adjunct、またはadverbial (副詞類))
修飾語(modifier)
独立語

出典 http://ja.wikipedia.org

文の成分[編集]
文を主語・述語から成り立つと捉える立場でも、この2要素だけでは文の構造を十分に説明できない。主語・述語には、さらに修飾語などの要素が付け加わって、より複雑な文が形成される。文を成り立たせるこれらの要素を「文の成分」と称する。
学校文法(中学校の国語教科書)では、文の成分として「主語」「述語」「修飾語」(連用修飾語・連体修飾語)「接続語」「独立語」の5つを挙げている。「並立語(並立の関係にある文節/連文節どうし)」や「補助語・被補助語(補助の関係にある文節/連文節どうし)は文の成分(あるいはそれを示す用語)ではなく、文節/連文節どうしの関係を表した概念であって、常に連文節となって上記五つの成分になるという立場に学校文法は立っている。したがって、「並立の関係」「補助の関係」という用語(概念)を教科書では採用しており、「並立語」「補助語」という用語(概念)については載せていない教科書が主流である。なお「連体修飾語」も厳密にいえばそれだけでは成分にはなり得ず、常に被修飾語と連文節を構成して文の成分になる。
学校図書を除く四社の教科書では、単文節でできているものを「主語」のように「-語」と呼び、連文節でできているものを「主部」のように「-部」と呼んでいる。それに対し学校図書だけは、文節/連文節どうしの関係概念を「-語」と呼び、いわゆる成分(文を構成する個々の最大要素)を「-部」と呼んでいる。

出典 http://ja.wikipedia.org

「主語+述語+目的語+修飾語、・・・」=「主体と客体との関係と意味付け」なのだ!!!

「主語」=「主体」であり、「目的語」=「客体」であり、・・・

「述語と修飾語など」は、「関係と意味付け」なのだ!!!

人の言語の文法は、「主体と客体との関係と意味付け」を基礎とした意思疎通システムから生まれてきたと考えられるのだ!!!

故に、如何なる言葉の表現も、結局は「主体と客体との関係と意味付け」を、基本としているのだ!!!

「主語」=「主体」「目的語」=「客体」=「対象」「述語と修飾語」=「関係と意味付け」であり、

基本的には、これによって、ほとんどの言語表現を行っているのだ!!!

この中で、特に、「関係と意味付け」は、時間感覚や空間認知、量の大小、感情表現などなど、・・・様々なニュアンスを表現する為の基礎となっているのだ!!!

まさに、これこそが、先に述べた「共有共感反応システム」なのだ!!!

同じ思考システムに、お互いに共感し合うことで、お互いの思考が共鳴し、共振し、お互いの思考システムの内容が、相手に伝わっていくのだ!!!きっと!!!

そうやって、生物は、お互いの思考内容をこうした共鳴、共振によって、共有していくのだ!!!きっと!!!

これは、同じ思考システムだからこそ!!!起こる現象なのであろう!!!

猫同士、何か会話してますw

猫は、猫同士しか解らない自然言語処理を持っているのかも???しれない。

だが、・・・

このような猫同士の意思疎通に似たコミュニケーションにも、私は、思うのだが、・・・「主体と客体との関係と意味付け」を基礎とした意思疎通、コミュニケーションのメカニズムが隠されていると思えてならない!!!

猫同士は、我々から観たら、・・・何を泣いているのか???解らないが、・・・

しかし、

猫同士だけにしか???解らない「意思疎通、コミュニケーションシステム」によって、猫同士、思考内容をお互いに「共鳴、共振、共感」し合っているのかも???しれないのだ!!!

そして、そこにも、

私の提唱する「チャッピー型人工知能」の「知能システム」=「システム全体」=「画像認識」「統合化」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果関係の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」なるシステムにおける「主体と客体との関係と意味付け」を基礎とした意思疎通、コミュニケーションシステム」が、きっと!!!あるのであろう!!!


次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう