Tweet to @allofmakkey
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

自然言語処理について、・・・

ノンカテゴリ

自然言語処理について、・・・
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

自然言語処理とは、対象意識(=「システム全体」=「画像認識」「統合化」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果関係の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」)同士による意思疎通システムだ!!!

自然言語とは、お互いの対象意識の内容を交換し合うことだ!!!

自然言語処理で余り出来ていなかったことは、自然言語の本質を理解していなかったことだ!!!

自然言語は、生物同士がお互いの思考内容を交換し合うことの為に使われてきたものだ!!!

その生物の思考こそが、・・・「チャッピー型人工知能」における「知能システム」=「システム全体」=「画像認識」「統合化」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」そのものなのだ!!!

だから、人の話す自然言語は、「主語、述語、目的語、修飾語、・・・」と、まさに、人にとっての「外界との関係と意味付け」そのものなのだ!!!

これを、解り易く言うと、・・・「主体と客体との関係に意味を付けて、初めて、自分が主体であり、相手が客体であることに気付く」ことそのものが、対象意識であり、・・・そして、その対象意識と対象意識が、お互いに、情報を交換することこそが、・・・言語なのだ!!!

ゆえに、人の自然言語には、「主語=主体」「目的語=客体」「述語と修飾語=関係と意味付け」、・・・によって、構成される構造が出来ている!!!のだ!!!

であるからに、・・・

人工知能で、自然言語処理をする為には、この「関係と意味付け」を、最も、学習させねばならない!!!のだ!!!

ゆえに、人工知能で自然言語処理を行うのには、・・・

私の提唱する「チャッピー型人工知能」を開発せねばならず、・・・

その学習システムは、「知能システム」=「システム全体」=「画像認識」「統合化」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」でなければならないのだ!!!

そして、これからの人工知能は、ロボットに「外界との関係と意味付け」を直接学ばせねばならない!!!

そうせねば、人工知能に「主体と客体との関係に、意味を付けて、初めて、自分が主体であり、相手が客体であることに、気付く」という生物特有の対象意識に近づけた人工知能の認識が生まれないのだ!!!

人工知能が、「主体と客体との関係と意味付け」を学習すればするほど、・・・

人工知能は、人の喋る自然言語を理解出来るようになるのだ!!!

例えてみよう!!!

人工知能「私は、博士が私を創ってくれたことに感謝しています。」

博士「そうか、・・・それは、嬉しいなあ~」

という会話があるとしよう。

この中で、博士とのやり取りで、人工知能は、「私」であり、それが主語である。そして、相対する存在である博士は、対象であり、人工知能から観たら、対象と認識している存在だ。これは、目的語であり、主語である自分が、相対する対象である博士が人工知能を創ってくれたことととの関係に「感謝しています」という「意味づけ」をしていることを、相対する対象である博士に情報交換していることを意味するのだ。

要するに、・・・

「主語は、人工知能自身で、目的語は、博士と博士が人工知能を創ってくれたことであり、述語は、これらの関係と意味付けを行っているものであること」なのだ!!!

この「主体と客体との関係と意味付け」を、複雑にしていくのが、・・・修飾語であり、さらに、単純な「主体と客体との関係と意味付け」は、経験のひとつひとつであり、・・・それらを、複雑に組合せたものが、自然言語における「時間の表現=現在、過去、未来」であったり、・・・「空間の表現=大きい、小さいい、丸い、四角い、遠い、近い、・・・」であったり、・・・するのだ!!!

意識(いしき、Consciousness)は、一般に、「起きている状態にあること(覚醒)」または「自分の今ある状態や、周囲の状況などを認識できている状態のこと」を指す[1]。
ただし、歴史的、文化的に、この言葉は様々な形で用いられており、その意味は多様である。哲学、心理学、生物学、医学、宗教、日常会話などの中で、様々な意味で用いられる。
日本語では、「ある物事について要求される注意を払っている」とか「考え方や取り組み方について努力が行われている」といったことを表す場合に、意識が高い(または低い)といった言い方が許される。たとえば公害や廃棄物などの問題についてよく勉強し、改善のために様々な行動や対策を行っている個人や集団を、環境問題についての意識が高い、などと表現する。このような用法は遵法意識、コスト意識、プロ意識、意識調査、意識改革、など様々な表現に見られる。
学術的には、文脈に応じて意識という語は様々な意味で使用される。以下では、哲学、心理学、臨床医学をはじめとするいくつかの分野に分けて、代表的な意味を解説する。

出典 http://ja.wikipedia.org

自然言語(しぜんげんご、英: natural language)とは、人間によって日常の意思疎通のために用いられる、文化的背景を持って自然に発展してきた記号体系である。大別すると音声による話し言葉と文字や記号として書かれる書き言葉がある。

出典 http://ja.wikipedia.org

まさに、自然言語処理とは、

生物の対象意識のメカニズムを解明するところに、・・・その極意があるのだ!!!

その対象意識同士での情報交換や意思疎通、コミュニケーションをする為には、同じ対象意識のメカニズムをもって、その情報を交換し合うしかないのだ!!!

それが、生物の対象意識発生の基本であるメカニズムであるところの「主体と客体との関係と意味付け」なのだ!!!

例えば、猫の喧嘩を観てみよう!!!

猫のケンカ

猫同士の喧嘩と人同士の喧嘩が、そっくりであることに気付くはずだ!!!

それは、

実際に、取っ組み合いになる前に、お互いに意思疎通、コミュニケーションをしているからだ!!!

これが、人の喧嘩とそっくりな点だ!!!

ここには、必ず、猫は猫なりの「主体と客体との関係と意味付け」による意思疎通、コミュニケーションを行っているのだ!!!

つまり、喧嘩する相手と自分との間での「お前は、出ていけ」とか???「ここは、俺の縄張りなのだ!!!」とか???

「自分(=主体)と相手(=客体)との関係と意味付け(=ここは、おれの縄張りだ出ていけ!!!)」が、あるのだ!!!

炸裂するキャッツ・ファイト!オスネコどうしのガチンコ対決

これなんかは、典型的な喧嘩の駆け引きや力の競り合いが観られるケースだ!!!

もしかしたら、・・・猫の世界的には、この喧嘩の中では、そうとうな意思疎通、コミュニケーションが、行われているのかも???しれない!!!

とにかく、

この一方の猫が飛びかかる前に、相当な鳴き声によるお互いの競り合いが行われているのだ!!!

自然言語とは、このように「主体と客体との関係と意味付け」を基礎にして行われるものであり、それは、人の喋る言語だけでなく、・・・全ての生物における対象意識を基とした「意思疎通、コミュニケーションシステム」なのだ!!!

ところで、・・・

猫の喧嘩に似ていませんか???人と人の喧嘩も???

韓国人のカップルが口喧嘩

喧嘩の後には、二人で仲良く、「旅ブロガー」でもやって、お互い仲直りをしてください!!!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。