Tweet to @allofmakkey
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

眼を持った生命がカンブリア紀に爆発的に進化した!!!

ノンカテゴリ

眼を持った生命がカンブリア紀に爆発的に進化した!!!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

人工知能は生命と同じく「目」を手に入れ、爆発的に進化する

AI研究の第一人者・松尾教授が語る企業と消費者のコミュニケーション変革

AI研究の第一人者である東京大学大学院の松尾豊特任准教授が、コンタクトセンター業を中心としたCRM(顧客管理)事業を手掛けるベルシステム24が主催する「『人工知能と共存する』コンタクトセンターテクノロジーの展望」セミナーに登壇し、「ディープラーニング」(機械学習)で盛り上がりを見せるAIの進化と、企業と消費者のコミュニケーション変革について語った。

「AIが人間の手を借りず、画像や映像に写っているものを認識できるようになる」。松尾准教授によれば、こうしたディープラーニングの特徴は「目の技術」と表現でき、AIが爆発的な進化をするきっかけになるという。その理由は生物学にあるという。

地球が誕生してから45億年。生物の進化過程において、今から5億4200万年~5億3000万年前の比較的短い期間に、突如として現存する全ての生物の種が出そろう「カンブリア爆発」と呼ばれる現象が発生した。長年謎だったその原因は諸説あるが、古生物学者のアンドリュー・パーカー氏は「生物が目を持つようになったから」という説を提唱している。

出典 http://www.itmedia.co.jp

一説によれば、目を持たなかった生物は「体に何かがぶつかったから逃げる」「ぶつけられたから食べる」といった行動しかできなかった。しかし、目を手に入れたことで生存率や捕食の成功率などが飛躍的に向上し、敵と出会ったときにも複数の戦略を取れるようになった。これによって生物が多様化して生物種が増えた――とされている。

 松尾准教授は、ディープラーニングによってAIが目を持つようになり、まさにこのカンブリア爆発と同じことが機械やロボットにも起こるのではないかと予測しているのだ。

出典 http://www.itmedia.co.jp

眼を手に入れたカンブリア紀の生物は、まさに、・・・「チャッピー型人工知能」の基本原理である「システム全体」=「画像認識」「統合化」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果関係の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」によって、「対象との直接的なやり取りを通して、対象を学習する」知能システムを獲得したのである。

これだけの進化で、カンブリア紀の生物の生存率は格段の差で上がったのだ!!!

松尾先生曰く、人工知能の世界でも、これと同じようなことがこれから起こってくると言うのだ!!!

ディープラーニング革命の「3つのステップ」

ディープラーニングによるAIの革命は、「認識(画像が認識できる)」「運動の習熟(ロボットが熟練した動きができる)」「言語の意味理解(文と映像の相互変換ができる)」の3つのステップに分けられるという。

特に“画像認識分野”においては、2015年に人間の精度を超えるという急速な進展を見せたという。松尾准教授はこれを「数年後、歴史の教科書に載ってもいいくらいの出来事」と強調する。

 “運動の習熟”とは、人間の「慣れ」のようなものだ。報酬を得られると事前の行動を強化する強化学習により、ルールを人間が定義化することなく、ブロック崩しやインベーダーのようなゲームをAI自身がプレイしてテクニックを学習できるという。松尾准教授によれば、米ATARIの約60のゲームのうち、半数ではすでにAIが人間のハイスコアを超えている。AIは習熟を通じ、人間のような熟練した動きができるようになっているのだ。

 “言葉の意味理解”では近年、「写真の内容について自動で注釈を付ける」ことと、その反対に「入力した文章に応じて画像を描くこと」ができるようになったという。

出典 http://www.itmedia.co.jp

まだ、人工知能の世界では、

「画像認識」と「視覚、身体、言語の統合化」である、・・・

「認識(画像が認識できる)」「運動の習熟(ロボットが熟練した動きができる)」「言語の意味理解(文と映像の相互変換ができる)」の3つのステップ

までしか行っていないけれど、

これは、いずれ「システム全体」=「画像認識」「統合化」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果関係の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」によって、「対象との直接的なやり取りを通して、対象を学習する」知能システムまで、発展していくこととなるであろう!!!

これが、生物学的なカンブリア紀の進化に匹敵する人工知能の爆発的な進化を引き起こすのだ!!!

『EVA<エヴァ>』予告編

予告編がカッコよすぎる映画として話題になったスペイン産アンドロイドSF映画! 2012年ゴヤ賞(スペイン版アカデミー賞)にて、視覚効果賞ほか計3部門受賞

この映画では、人工知能はまるで生物そのもののようになっている!!!

これは、大変驚く映像だ!!!

まさに、自然界の動物が、そのまんま、人工知能ロボットになっているのだ!!!

これこそ!!!人工知能の世界での「カンブリア紀」ではないか???

生物の進化の歴史は、

「本能の働き」と「高度な知能システムの働き」(目を持った知能システムの働き)との相互作用の歴史であるとも言えそうだ!!!

まず、

ほとんどの生物は本能に従って、自然界に生き抜く為の基本的プログラムが組まれているが、

大脳皮質が発達し、その本能を大脳における知能システムを使って満たそうと進化して来た!!!

次に、

その大脳皮質の働きが、だんだん、大きくなってきてより高度なやり方で、生物が外界に適応することが可能となって来た!!!

そして、

次に、その大脳皮質の働きが、本能を抑制してコントロール出来るようになってきて、

遂に、大脳皮質の知能システムが、本能からの働きより大きな働きを成すようになって来た!!!

これが、生物のカンブリア紀における進化の次に爆発的な進化を生物に与えた新たな進化である!!!

それは、まさに、人類の誕生なのである!!!

人類こそが、このカンブリア紀に進化を遂げた生物が、本能の働きから独立した知能システムによって大脳皮質の働きが本能をコントロールし、爆発的に知能が発達した存在なのだ!!!

これによって、先の知能システムである「システム全体」=「画像認識」「視覚・身体からの情報・言語」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果関係の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」の働きが、爆発的に進化・発達したのである!!!

であるから、・・・このシステム全体である知能システムは、全ての知能の働かせる生物、いや、動物に、共通している知能システムの「プロトタイプ」なのだ!!!

そして、

このプロトタイプをどんどん進化・発達させることで、この知能システムは、どんどん進化し、

人の大脳の働きをも超えたレベルにまで、達するのだ!!!

2001, comparación con "Así hablo Zaratustra" de Nietzsche

2001年宇宙の旅

サルがある時、突然、武器を手に入れそれによって、他の全ての動物の頂点に達する!!!この映画では、サルが人類に進化する過程を「モノリス」の影響によって、このような突如変異を起こし、起きたものと、描いている!!!

そして、現代!!!

今度は、それが、人工知能によって、新たに引き起こされると、この映画では、描いているのだ!!!

これは、きっと、今、さかんに言われている「シンギュラリティー」のことであろう!!!

おそらく、近い将来、人類の知能を遥かに超えた人工知能である「超知能」が、発生するに違いない!!!

それによって、人類は、さらに進化を進めていくに違いない!!!

そして、私が言う「チャッピー型人工知能」のシステム全体=「画像認識」「視覚・身体情報・言語の統合化」「関係と意味づけ」「概念形成」「因果関係の把握」「シミュレーションと先読み」「行動と再学習」は、これら全ての生物的進化の根幹をなす知能システムにおける「プロトタイプ」なのだ!!!

チャッピー / CHAPPiE 予告編

インターネットお急ぎ便

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう